【子どもとディズニー!】小さなお子さんがいても大丈夫!ディズニーで一日どう過ごす?乗れるアトラクションは?

子どもが産まれたら家族で行きたいディズニーリゾート!

ディズニーリゾートは入場するのに年齢制限はなく、言えば0歳のお子さんを連れてでも遊びに行く事が出来ます。

あまり小さいと動くのに大変なこともあるかと思いますが、中には首が座らないお子さんを連れて遊びに来られている方もちょくちょく見かけます。

ディズニーリゾートは授乳室や子供のオムツ交換場所を設置しているトイレも多く、ママの心配も軽減してくれます!

では子どもと行くディズニーをテーマにいろいろ見ていきましょう。

 

ディズニーリゾート 子どものパスポートは?

ディズニーリゾート 子どものパスポートは?

ディズニーリゾートは4歳から入場チケット=パスポートが必要です。

区分としては4歳~11歳(幼児・小学生)が『小人』、12歳~17歳が『中人』、18歳以上は『大人』となります。

ディズニーリゾート パスポート 値段一覧はこちらです。

1デーパスポート
小人:4800円 中人:6400円 大人:7400円

2デーパスポート
小人:8600円 中人:11600円 大人:13200円

3デーマジックパスポート
小人:11500円 中人:15500円 大人:17800円

4デーマジックパスポート
小人:14400円 中人:19400円 大人:22400円

よく買われるのが1デーパスポートや2デーパスポートだと思います。

こちらは1日にディズニーランドまたはディズニーシーのどちらか1パークのみ入園することができます。

3デーマジックパスポート以上は、3日目以降はどちらのパークも行き来自由に遊ぶことができます。

このパスポートですと午前中はディズニーランドでアトラクション⇒午後からはディズニーシーでショーを見るなんて言う夢の様なプランも立てられるのです!

日数を多く行けば行くほど、一日当たりのパスポートチケットの値段が安く行けますので、1日以上パークに遊びに行く場合は行く日数分のパスポートを買って入園するようにしましょう。

子どもと過ごすディズニー 持ち物は?

子どもと過ごすディズニー 持ち物は?

お子さんを連れていくと何かと持ち物が多くなってしまうもの。

その中でもこれだけは押さえておきたい必需品を書いてみました!

・ウェットティッシュ

パークでは何かと飲んだり食べたりするものです。

パークでは紙のペーパーはありますが、ウェットティッシュはありません

レストランではお手拭きが出るところもありますが、お手軽に食べられるワゴンフードなどではお手拭きはありません。

ディズニーは洋風の料理が多く、ピザやチキンなど大人でもキレイに食べるのは難しいものです。

そこでウェットティッシュが大活躍!

お子さんの手や服が少しくらい汚れても慌てることなく対処できます。

とても便利ですのでぜひお持ちください。

・着替え

小さなお子さんはいつ服が汚れるか分からないので、着替えは必須ですよね。

着替えでも、暑さ・寒さを調節できるものは特に便利かと思います。

ディズニーリゾートは海沿いにあります。

なので夏はとても暑いですし、冬はとても寒いです。

朝晩の気温差も大きいので、気軽に着脱しやすい、温度調節しやすい上着なんかがあると便利です!

せっかくディズニーに遊びに行くのに、お子さんの体調が悪くなってしまったら大変ですよね!

パーカーなどの上着がパーク内で販売されていることがありますが、通年ではないので注意が必要です。

・ベビーカー?抱っこひも?

まだまだ1日歩くのには大変な時期のお子さん。

パークで遊ぶとき、ベビーカーや抱っこひもは必須ですよね!

皆さんはベビーカーは家から持って行かれますか?

ディズニーリゾートでは、ベビーカーのレンタルも行われています。

1日1000円でレンタルすることができます。

このベビーカーは1日で両パーク行く場合でも、1日分の料金で両パーク使用することができます。

ディズニーでレンタルできるベビーカーは生後7か月以上身長100cm、体重15kgくらいまでのお子さんが使用適応だそうです。

この基準に当てはまらないお子さん用のベビーカーは自宅から持参していきましょう。

筆者も子供が小さかったときは、ベビーカーも抱っこひもも両方必須で持って行きました!

お子さんのパークデビュー記念に!パークデビューシールをもらおう!

ディズニーリゾートでは初めてディズニーを訪れた記念に名前入りのデビューシールを作ってもらえます!

もちろん無料で、誰でも作ってもらうことが出来ます。

パークの中に入ったらキャストさんに、今日初めてパークを訪れたことを話しましょう。

作ってもらったデビューシールは、ぜひ見えるところに貼って一日過ごしてくださいね。

子どもとどう過ごす?アトラクションは何乗る?

子どもとどう過ごす?アトラクションは何乗る?

ディズニーランドではまだまだ小さくパパやママに抱っこしたまま乗れるアトラクションも多く、お子さんが楽しめるような配慮も至る所で仕掛けられています。

パパやママと一緒に赤ちゃんでも乗れるアトラクションも多数あるので、その中の一部を紹介します。

・イッツアスモールワールド

約1年の工事期間からディズニー35周年でリニューアルオープンされたばかりのアトラクション‘”イッツアスモールワールド”

このアトラクションは世界中を旅する世界一幸せなボートです。

イッツアスモールワールドはとてもゆっくりな速さで、暗くもないので色とりどりな世界が見えるボートの旅に赤ちゃんも思わず笑いだすのでは?!

パパやママも安心して楽しめるアトラクションです。

・ミッキーのフィルハーマジック

屋内型で3Dタイプのメガネをかけて体験するシアタータイプのアトラクションです。

映像にはミッキーや仲間たち、そして様々なディズニーアニメーションの有名なシーンが流れます。

ミッキーやミニーの声に楽しめるお子さんも多いはずです!

雨の日でも楽しめるので、プランに入れられる方も多いアトラクションです。

・トゥーンパーク

ディズニーランド トゥーンタウン入って右側すぐのところに、トゥーンパークという場所があります。

そこにはやわらかい素材でできたかわいい動物や星たちの彫刻があります。

これはミッキーが子供たちのために作られた物と言われています。

床もふわふわの素材になっているので転んでも大丈夫

子どもは公園感覚で遊べる広場になっていると思います。

アトラクションに並ぶのに疲れたら、トゥーンパークでリフレッシュさせてあげるのもいいかもしれませんね!

アトラクション以外にもお子さんと楽しめる場所はたくさん!

キャラクターに会いに行く

・キャラクターに会いに行く

ディズニーリゾートではミッキーやミニーをはじめ、プリンセスやピクサーのキャラクターなど小さなお子さんも大好きなディズニーキャラクターにたくさん会うことができます。

キャラクターに会えるグリーティング施設もたくさんありますので、お子さんを連れてキャラクターに会いに行ってみましょう!

せっかくディズニーに来た記念に、ご家族の写真も撮るのも良い思い出になりますね!

・ショーやパレードを見に行く

わが家も娘が小さい時は、今よりもショーやパレード中心にディズニーを周っていました。

ショーやパレードにもキャラクターがたくさん出てきますので、キャラクターを見ると大興奮!

大きな声で『みっき~!!』と呼んでいました。

ショーやパレードをビデオに収め、家に帰ってからお子さんと一緒に見直すのも楽しいですね。

・とりあえずパーク内を自由に歩かせてみる!

子どもは大人が思いもよらないところに興味を持ったりします。

ディズニーパーク内は車は通らないので、子どもを自由に歩かせることができます。

時にはお散歩のように目の届く範囲で子どもを自由に歩かせてみるのもいいかもしれません。

ただしパーク内は混雑している場所もありますので、迷子やケガをしないように注意は必要です!

まとめ

子どもとディズニー!

ディズニーリゾートは0歳でも楽しめる夢が沢山つまったパークです。

子どもも大人も、ディズニーリゾートで思い出を沢山作って帰れるようにしましょう!

この記事が参考になったら
0

1日1回 いいね!お願いします

【子どもとディズニー!】小さなお子さんがいても大丈夫!ディズニーで一日どう過ごす?乗れるアトラクションは?

KEYWORD

この記事のキーワード

RECOMMEND

あなたにおすすめ

トップに戻る
メニュー