スプラッシュマウンテンが10倍楽しくなる裏話

スプラッシュマウンテンと言えば、東京ディズニーランドでも随一の人気アトラクションで、なんと言ってもあの茨の茂みへの急降下は絶叫系好きにはたまりません。

ただ、そんな人気アトラクションであるスプラッシュマウンテンのメインストーリーであるうさぎどん(ブレア・ラビット)の話の内容について知っている人が意外に少なく、せっかくいい話なのにもったいないなといつも思ってました。

「笑いの国ってなに?」「茨の茂みに投げ込まれたのになんでうさぎどんは助かったの?」など本当はみんな疑問に思っていることがある人も多いんではないでしょうか?

なので、今回は、そんな疑問を解消し、スプラッシュマウンテンを何倍も楽しめるように、うさぎどんの話を解説していこうと思います。

 

うさぎどんのお話の原作

うさぎどんのお話の原作

うさぎどんのお話と共に「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」の歌が登場するのは、1946年に公開されたディズニー長編映画「南部の唄」で、アメリカのジャーナリスト:ハリスの「リーマスおじさん」シリーズを原作としています。

概要は、南部開拓時代に奴隷として扱われていた黒人リーマスおじさんとリーマスおじさんの雇い主の子どもであるジョニーの心のふれあいを描いた作品で、その作品の中で、リーマスおじさんがジョニーに話した内容が「うさぎどんの話」となります。

 

うさぎどんのお話のポイント

うさぎどんのお話のポイント

それではうさぎどんのお話のポイントを解説していきます。

うさぎどんが笑いの国を目指した理由

うさぎどんは、つまらない日常に飽き飽きして、何度も家を飛び出しては、色々な人と接点を持ったり、きつねどんの罠に捕まったりと刺激的な日々を送っていました。

そんなある日、きつねどんとくまどんに完全に捕まってしまい火あぶりにされそうになったときに、あえて大笑いをして、くまどんの気を引き、笑いの国を知っているから連れて行ってあげると別の場所に誘い出すことで逃げるチャンスを作りました。

このように笑いの国は、実は逃げるための口実として生まれたものでした。

アトラクションでは、複数のストーリーを統合する形で、つまらない日常に飽き飽きして刺激を求めているうさぎどんが笑いの国を目指すという話の流れに脚色された形になっています。

茨の茂みに投げ込まれて助かった理由

うさぎどんは、くまどんを笑いの国に誘って逃げた後にまた捕まった時に、今度はきつねどんに茨の茂みに投げ込まれるのが何よりも怖いと嘘をついて茨の茂みに投げ込ませるよう誘導しました。

なぜそのようなことをしたかと言うと、実はうさぎどんは元々茨の茂みで育っていて、家も茨の茂みの中にあり、茨のトゲに対して、耐性ができているらしいのです。

そのため、茨の茂みに投げ込まれてもなんともなく、無事、茨の茂みにある家に帰ることができたのでした。

この話を聞いて、「茨の茂みで育ったからと言っても大丈夫なものなの?」というごもっともな感想を持つ人が結構いるのですが、そう思っても口に出してはいけません(笑)

映画ではクリッターカントリーは水浸しではない

クリッターカントリーが水浸しなのは、クリッターカントリーにお店を構えるアライグマのラケッティが密造酒を作るのに使っていた機械を誤って爆発させ、ダムが決壊してしまったためということは知っている人は多いと思います。

しかし、映画の作中ではまだ水浸しではなく、スプラッシュマウンテンは「チカピンヒル」と呼ばれていました。

このことを知っている人はまだ少ないのではないでしょうか?

「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」の意味

作中で「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」の意味をリーマスおじさんが教えてくれるのですが、その意味は「様々な人や動物たちがお互いに助け合い、楽しく幸せに暮らしていた時代」のことだそうです。

多様性が求められるこの時代が進んでいけば、いつか「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」になるかもしれないですね。

あとがき

くまどんとうさぎどん

映画を見ると分かるのですが、くまどんは元々おっとりした素直で優しい性格なくまさんでした。

そのため、スプラッシュマウンテンではうさぎどんを追いかけるまぬけな悪役という立ち位置ですが、うさぎどんときつねどんのいざこざに巻き込まれた可哀想な経緯があり、個人的には憎めず、好きなキャラクターです。

ちなみに、作中にはグランマ・サラや釣りをするカエルなどクリッターカントリーには欠かせないキャタクター達が登場するので、みなさんも一度映画を観てもらえると10倍どころかもっとスプラッシュマウンテンが楽しくなること間違いなしです。

この記事が参考になったら
0

1日1回 いいね!お願いします

スプラッシュマウンテンが10倍楽しくなる裏話

KEYWORD

この記事のキーワード

RECOMMEND

あなたにおすすめ

トップに戻る
メニュー